中古の別荘には挙げきれないほど多数のメリットがある!


なんと言っても新築と比べて安い

中古の別荘を購入する事にはたくさんのメリットがありますが、何と言っても一番大きいのはコストです。1980年代後半に日本がバブル期を迎えていた頃、全国の別荘地にはたくさんの建物が建てられました。それから30年以上が経過し、様々な事情により別荘を売却するケースが多発しており、古い物件はまるでバーゲンセールのような状態です。具体的には、築30年以上で良ければ1000万円の予算を用意すると、かなり良いものが見つかります。また、予算が500万円程度しかなくても、念入りに探せば思いがけない掘り出しものが高い確率で購入できます。その他、1000万円予算がある中で500万円の別荘を買って500万円を余らせれば、継続コストに苦しむ事もありません。

購入してすぐに使える

別荘地をまず見つけてから新築の別荘を建てようとすると、完成までにかなりの時間・手間暇を要します。しかし、既に建っている物件を購入するのであれば、一切待つ事なく購入したらすぐにその物件を利用する事が可能です。

建物からの眺めが確認できる

新築で2階建ての別荘を建てる場合、実際に完成してからでないと高い場所からの眺めは確認できません。建てた後に2階や屋根裏部屋などからの景色や陽当たりが悪い事に気づいても購入をキャンセルしたりする事は出来ず、嫌でもお金を支払う事になります。しかし、既に建っているのであれば、内見時に高い場所からの景色・陽当たりの良し悪しなどを確認する事ができます。もし高い位置からの景色などに満足できなければバスして次の物件を探し始めればOKです。

中古の別荘は、リゾート地と呼ばれるエリアに多く存在しています。築年数が古い場合や建造物面積が狭めの場合は、500万円以下で買える物件もあります。

Back to top