狭小住宅の間取りはどうする?人気の吹き抜けは?


吹き抜けを取り入れて開放的に!

狭い土地や形が特徴的だと家を建てるにも非常に神経を使います。近年は狭小住宅を専門に取り扱うような住宅会社も登場してきていますから、施工実績なども参考に間取りを考えてみましょう。概ね3階建てになることが多く、吹き抜けを入れたりして広々とした空間作りをしているのをよく見かけます。窓も多く作って採光できるようにすることで、家の中が暗くならずに明るさを保って広さを感じられるような雰囲気が出ます。テレビなどでもよく見かけて吹き抜けの間取りは人気がありますから、安全面にも配慮しながら家作りを楽しく計画して下さい。

気を付けたいポイントは?

狭小住宅となると、階数が多い分建物の高さ自体が高くなるなど気を付けておきたいことが幾つかあります。2階や3階の部分が生活スペースになるように設計するのが殆どなので、効果的に動けるような動線を考えた間取りにしないと、実際住んでみたときにあちこち移動が大変になるケースも出てきます。敷地面積一杯に家を建てることも少なくないので隣の住宅との距離が近く、防音にも配慮しておく必要があります。エアコンの室外機など外に置く設備も配置場所を住宅会社と話し合ったり、地域近隣の住宅から変に浮いていないかどうか全体の雰囲気も許容できる範囲で調整していくことになります。これまでの建築事例などがあれば、見せてもらうことで自分の住まいならどうすればいいのかも答えが見えてくるので、家族や住宅会社と打ち合わせを重ねて、自分たちだけの家を作り上げましょう。

狭小住宅とは、面積が狭い敷地に建てられた住宅のことです。住宅のサイズが小さいという特徴がありますので、間取りを工夫しているケースが多いです。

Back to top