注文住宅を建設する時の間取りはここに注目しよう


ベランダはなるべく南方向がおすすめ

注文住宅を建設する時には、ベランダの配置に注目する事が大事です。ベランダの間取りを考える時に、もしベランダを北側にすると日差しが当たらない事が多く洗濯物が乾きにくいデメリットがあります。そうなると、洗濯物を乾かす時に苦労することになり不便な生活になりますよね。そこで、日差しが当たりやすい南側にベランダを設置して、少しでも洗濯物が乾きやすい環境にしていきましょう。東側や西側でも大丈夫ですが南側よりも、日差しが当たる時間が短いので少し不便です。

また、ベランダを南に設置すれば問題ないというわけではなくて、例え南側でも目の前に大きな建物があり日差しを遮っている状態だとあまり意味がないです。その場合は、西側や東側にベランダを設置します。

お客さんを招待する部屋は玄関近くにする

注文住宅を建設する時には、お客さんを招待する部屋をなるべく玄関近くに造っておく事が大事です。会社の知り合いやセールスマンなどを自分の家に招待する時に、あまり自分の家の中を見られたくないということがありますよね。また、家族が住んでいる場合だとお客さんを招待することによって他の家族に迷惑をかけないことが大事です。もし、お客さんを招待する部屋が二階や一階の奥だった場合だと家族とお客さんが対面する可能性が高く、しかもプライベート空間をちらっと見られてしまう可能性もあります。

しかし、お客さんを招待する部屋を玄関近くに造っておくと、家族の生活空間を邪魔する事がないですし他の部屋を見られる心配もないですよね。

愛知の注文住宅は全国展開するハウスメーカーはもちろん、東海エリアを地場とするハウスメーカー、工務店も多いので費用、デザインなど幅広い選択肢から選ぶことが出来ます。

Back to top