注文住宅を建てるときのお金は?住宅ローンは使えるの?


つなぎ融資が必要になることも?!

注文住宅も家の購入なので、住宅ローンが使えるだろうと思っていたら少し話が違っていたということはよくあります。住宅ローンはあくまで「完成した建物」に対して利用ができるようになっていますから、これから建てていく注文住宅の場合は原則として「家が建ってから」利用するとなるわけです。ただし注文住宅は完成前に進行状況に応じて複数回の支払いが発生します。このときにお金が必要になってくるので、つなぎ融資を利用して支払いに充てることになります。とはいえ多くの金融機関では建物の建築確認が下りた時点で、住宅ローンの本審査が受けられるようになっているところが多いですから、内容を良く確認しておいて滞りなく審査にこぎつけられるようにしておきましょう。

資金計画を入念に立てよう!

注文住宅は時間もお金もかかるというのは知られているところですが、それ以上に手続きの内容やタイミングも複雑になっているというのも忘れてはいけません。土地と建物の両方がセットになって始めて申し込みができるのと、融資のタイミングがそれぞれ違ってくるので、つなぎ融資を利用したり自分で用意できる分は用意して支払いを済ませていくことになります。多くの住宅会社で購入前に資金計画の打ち合わせなども行っていきますが、住宅ローンの場合は通常より難しいことを念頭において納得できるまで話し合いを行いましょう。追加や変更で金額が変わってしまったりするとさらに大変ですから、きちんと計画を立てた上で実行することが安心して利用できるポイントになってきます。

福岡の注文住宅を建てる場合には、ハウスメーカーの見学会を訪れることがコツです。資金面の相談を受け付けていますし、工法の説明も行っていますので、納得して建築を依頼することができます。

Back to top