数年後の生活環境を見過ごすべからず!賢いマンションの選び方


自ら情報を集める初動と感覚に基づく判断を

分譲から即日完売の文字が躍る人気物件も少なくない、新築マンションの購入に際しては、時間との闘いとなってしまうリスクが大きなハードルとも言えるでしょう。販売業者から提示される情報は、完成予想図とモデルルームなど、一戸建ての分譲住宅とは違い、完成状態を確認できないのが新築分譲マンションです。

ここでポイントとなるのが、より早い段階から、関連する情報を自身で収集し、それぞれの信憑性を含め、冷静に見極める事前の作業があげられます。より多くの物件を確かめる中、施工業者それぞれの特徴が見えてきます。たとえば初めて訪れたマンション内の雰囲気が、どこかよそよそしく感じられる、もしくは自然と親近感を覚えた経験は、多くの方がご記憶でしょう。すべてがその限りではありませんが、こうした感覚的な部分を判断基準のひとつとする姿勢は、決して無意味ではありません。

周辺施設の充実度と開発計画をチェック

新築分譲マンションの建設予定地の周辺が、たとえば大規模な工場の跡地や区画整理中の古い町並みなど、公共施設や商業施設が見当たらない物件ケースでも少なくありません。学校、医療機関、商業施設などが、すべて建設予定というこうした物件の場合、販売業者以外のルートから、独自により信憑性の高い情報を収集する作業が重要です。

こうした地域密着に長けているとされているのが、長年地域密着で営業を続けている、地元の不動産業者です。一時的にプレハブの営業所を現地に構える、マンションを施工販売する全国展開の企業では知り得ることが難しい、鮮度が高く細かい情報を共有している可能性が見過せません。臆せず色々と尋ねてみることで、貴重な情報を得られることでしょう。

大学など教育機関が多く、また東京都心までの通勤時間が短くすむ為、柏のマンションはとても人気があります。

Back to top