別荘地の上手な選び方と税金対策の方法はあるの?


別荘を建てる時のリスクとは

別荘は日々の生活を優雅にしてくれる資産になりますが、どんなにいい別荘を建築したとしても立地条件等が良くなければ、別荘に出掛ける事が苦痛になっしまうリスクもあります。

夏に考えられる別荘のリスク

別荘を使用する場面に夏休み等の長期間の休暇を想定しますが、その時に別荘を建てた場所がジメジメと湿度が高かったり、余りに気温が高くなったりする所では、折角の別荘が台無しになってしまうのです。特にジメジメと暑さが続く場所に別荘を建てると害虫が大繁殖したりするリスクが発生する事もリスクとして考えられます。

冬に考えられる別荘のリスク

日本は春夏秋冬として夏もあれば寒くなる冬もありますが、冬にもリスクがあります。例えば雪が沢山降る所であれば、別荘の屋根に雪が沢山積もって大切な別荘が壊れてしまうリスクもあるのです。

別荘はやはり立地条件を確保したい

この様に夏や冬にも建物にダメージを与えるリスクは存在するので、出来るだけ気象条件等がいい立地条件の場所に別荘を建てる事で、快適に別荘ライフを送る事ができます。また別荘の様に頻繁に通う事が無い建物を定期的に管理してくれる会社のサービスを利用する事で、多少のリスクがある場所でも別荘を維持していく事は可能です。

別荘は贅沢品なのでセカンドハウスより税金が高くなる

気になる別荘の税金ですが、基本的には贅沢品に該当するので税金の控除等を受けるのは難しいです。しかしセカンドハウスの場合は、税控除を受けられる可能性があるので、少し知識として持っておくとお得です。なので仮に別荘をセカンドハウス的に利用できると考えた場合は、専門家と話し合う事で税負担を軽減する事が可能かもしれません。

八ヶ岳の別荘には、とても自然が豊かで広大な景色を見ることが体験できる魅力的な場所が数多く存在します。

Back to top