新しい技術で家を建てたい!!信頼ある大工に建ててもらいたい!!


大手住宅メーカーの技術を取り入れる

住宅には技術が詰まっていて、毎年のように新しい技術が登場していると言ってもいいかもしれません。住みやすさや見た目だけでなく、耐震性など万が一に備えた技術もどんどん進化していると言えるでしょう。もし家造りをするに当たって特定のメーカーの技術を取り入れたいならそのメーカーに依頼した方が良いでしょう。建築などの技術の中には特許などもあるので、その他のメーカーなどでは使いたくても使えないときもあります。一般的な工務店だと仕事自体は職人技でカバーをしてくれるものの、最新の技術を使っているかどうかとなるとあまり期待できない部分もあります。ただ広告で見る技術と実際に住んで知る技術は異なるので、モデルハウスなどで確認しておく必要はあるでしょう。

現場の大工や職人を指名したいとき

家造りをするに当たって知り合いなどから腕のいい大工や職人の情報を聞くときもあるでしょう。自由に家造りをするときにはそれぞれぞれの専門家を自由に選ぶ方法もあり、建築士は誰で大工はどの業者の誰などと選択できるときもあります。大手住宅会社だと契約をすると建築士や大工の他業者の選択はできません。大手会社が行うときは下請けの建築士や工務店は業者が提携をしている特定の業者になりどの業者が工事をするのかはわかりません。どうしても工事をしてほしい大工がいるのであれば、より自由に建てられる地元の工務店等を選ぶ必要があるでしょう。地元の工務店であれば大工の他左官や配管等を特定の業者にしてもらえるよう依頼できるときもあります。

2000万の家では、内装にはコストをかけずにバスルームなどに予算をかけるなど、予算配分を工夫すれば理想の家づくりを可能にします。

Back to top