起業家にとって不可欠!?賃貸オフィスの利用方法を考えよう


賃貸オフィスを利用するメリット

自分で仕事を始めるとき、拠点をどこにするかが大きなポイントになります。従業員の人数や仕事内容によっては、独立した拠点を持ったほうがよいからです。しかし、自分でオフィスを建てるのは多大な費用が掛かります。特に、起業時はやるべきことが多く、いろいろな費用が発生する時期です。そのため、賃貸オフィスを利用することで、オフィス費用を抑えることにもつながります。また、すぐに入居できる物件を探すことで、起業準備がスムーズにできるメリットもでてくるでしょう。

デメリットも考えておこう

オフィスを構えるときは、どこで借りるかが大きなポイントになります。自宅から近いほうが通勤などの手間暇が軽減できます。一方、公私混同しかねないなどのデメリットもでてくるでしょう。賃貸オフィスならではのデメリットも見逃せません。賃貸オフィスを借りるときは、退去時の原状回復なども考える必要があるからです。そのうえで、近隣に迷惑が及ぶことは絶対に避けたいところです。特に、複数の部屋が入居するオフィスでは、そういった課題が大きいといえるでしょう。もちろん、近隣への配慮が必要なのは賃貸オフィスに限ったことではありません。

オフィスの移転など柔軟な対応も必要

仕事を続けるうちに、事業の方向性や経営規模などが変わることがでてきます。そのため、起業当時のオフィスでは不具合が出てくるかもしれません。従業員が働きやすいのはもちろん、来訪者の利便性なども考えたうえで、オフィスの移転など柔軟な対応が必要になってきます。なかには、経営規模を縮小することもあるでしょう。その場合は、自宅の一室をオフィスとして利用する方法も一案です。

中央区で賃貸オフィスを探す際は、アクセスの良さを考慮することが欠かせません。通い易さは大きなメリットになりますので、しっかり確認することが大切です。

Back to top